ホーム >>最新情報 >>ロレックス腕時計、全自動機械式腕時計は使いやすいですか?
ロレックス腕時計、全自動機械式腕時計は使いやすいですか?

ロレックスコピーの全自動機械式腕時計は使いやすいですか?使いやすいかどうかは、まずロレックスの全自動機械式腕時計の使い方を調べてみましょう。

1、上弦

ロレックスの全自動腕時計は、上弦維持針やカレンダーなどの動きが必要です。しかし、毎日決まった運動をすることで、補弦の回数を減らすことができます。一ヶ月で約1 sの誤差があります。

2、弦を補う

弦を手に持って、表を左右に動かしたり、手で弦を補ったりして、表で最初の段を上に時計回りに回すことができます。弦を巻く時は、シャーシの芯の内側のギアが抵抗する音が聞こえます。

3、カレンダーを調整する

まず、ロレックスの全自動腕時計の時計を引き出して(ロックを解除します。)日付まで下に回します。双暦表は普通上と下にそれぞれ日付とカレンダーを調整します。個別にボタンで調整する必要があります。

表の時間が遅い8時から翌日の2時までカレンダーを調整しないようにします。この時間を回してカレンダーを調整してもいいです。腕時計は朝か夜かは分かりませんので、昼の時間を12時間かけてください。

4、時間を調整する

外側に2つのギアを引き出してから、下(反時計回り)に時計を回して時間を調整します。カレンダーの表がないなら、一つの枠を引くと調整時間になります。

5、防水

ロレックスの全自動機械式腕時計は精密機械器具として使われています。衝突しないように注意してください。磁界からなるべく離れて、腕時計に表示された防水等級に従って使います。何メートルの防水時計も海につけて泳がないでください。



前ページ: 黒い文字盤の定番腕時計紹介、オメガ、IWC
次ページ: セイコーGS腕時計、Spring Driveシリーズ紹介