ホーム >>最新情報 >>セイコーGS腕時計、Spring Driveシリーズ紹介
セイコーGS腕時計、Spring Driveシリーズ紹介

セイコーGSの腕時計シリーズSpring Driveのコンセプトは1977年に表師赤羽好和(Yoshikazu Akahane)によって提案されました。セイコーは1993年にサンプルムーブメントを作成し、1998年にバーゼルで完成品ムーブメント7 R 68を発表し、1999年に商業化生産を完成しました。セイコーGS腕時計のムーブメントはいかがですか?すべてのSDムーブメントは「匠表工房」で手作業で組み立てられています。Junya Kamijoさんは自動シリーズの組み立てを担当しています。Satomi Nakajimaさんは針面を担当しています。Toshie Tokunagaさんは宝石の軸受の組み立てを担当しています。現在も資格を得たタブエンジニアだけがSDムーブメントを組み立てることができます。これは今までSDのメンテナンスは日本の工場でしかできませんでした。

公式宣伝によると、セイコーGS腕時計シリーズのSDは「三段同期変調速度器(Tri-synchro Reglator)」の駆動指針で、世界で唯一時間の流れをリアルに表現できる腕時計です。簡単に説明しますと、バネはAにあります。ギアBDEを通してF輪に伝動をつなぎます。新合金Spron 510を使用して、トランスミッションホイールに加えて、全部で12回転の変速があります。SDムーブメントは一般的に長い動力を持っています。

F輪はA穴にあります。F輪の上には永久磁石があり、オンラインリング場Bで回転して発電し、基板のチップCを起動します。回路基板チップは計算により、Fホイールを1秒間に8回転させることで、速度調節の役割を果たします。

これにより、セイコーGS腕時計シリーズSDの精度は、チップ対Fホイールの回転速度制御に依存することがわかる。F輪の誤差が大きくない限り、毎秒8回転で、ムーブメントの走行時の誤差は大きくない。



前ページ: ロレックス腕時計、全自動機械式腕時計は使いやすいですか?
次ページ: ファンディ腕時計、持つべき腕時計