ホーム >>最新情報 >>防水腕時計、機能メンテナンスの方法
防水腕時計、機能メンテナンスの方法

腕時計の防水は時計の鏡、後蓋、ファーストクラスの防水テープによって基準を達成します。すべての防水時計には、底の蓋に「WATER RESISTANT」または「WATER PROOF」という英語の文字が書いてあります。防水マークのない腕時計は防塵だけで、水に濡れないようにしてください。30メートル(3 ATM、つまり3つの大気圧)の防水時計は、日常の櫛洗いや雨の中で使うことができます。つまり水滴は表面に跳ねますが、水圧は表に加えられません。50メートルの防水時計は水泳や一般家事に適しています。100メートルの防水時計は水泳や潜水などの水中作業に使えます。

防水テープの老化は腕時計の防水性能に影響しますので、腕時計の防水テープと頭(防水リングを含む)は使用状況によって定期的に交換します。クオーツ時計は電池を交換するたびに防水部品を同時に交換し、防水性能が良好であることを保証します。どの防水表もお湯を使ったり、サウナをしたり、温度の変化が激しい環境で使うべきではないです。防水テープが温度の影響を受けると、熱膨張して凝縮し、隙間ができて、老化が加速されて、水と表の中に凝縮物が現れます。重大なものは機械を破損させます。

ブランド時計コピーの水が入ったらどうしますか?水が強くないなら、ガラスの中に霧があるだけです。この時、何層かのトイレットペーパーや湿気を吸いやすい綿布で表をしっかりと包み、40ワットの電球から15センチのところで約30分間焼くと水気がなくなります。表蒙を熱で変形させないように、直接に火にかけないでください。表を内、下に向けて覆うこともできます。腕に逆さまにはめると、2時間後に水気がなくなります。水がひどいなら、すぐに表店に送って油を拭いて、ムーブメントの水分を取り除いて、部品のサビがないようにします。



前ページ: エナメルカラーの腕時計の材質はどうやって選びますか?
次ページ: 機械腕時計の魅力はどこですか?