ホーム >>最新情報 >>梅時計メンテナンス、時計知識紹介
梅時計メンテナンス、時計知識紹介

梅時計メンテナンス、時計知識紹介

梅時計メンテナンス方法


時計を身に着けている過程では、鏡の磨耗に注意を払う必要があり、異なる材料の耐摩耗性は異なります。合成ガラスはやや耐摩耗性が低く、サファイアクリスタルガラスは耐摩耗性が高く、ミネラルガラスはその中間です。ただし、材質が何であっても、クリスタル、ダイヤモンド、紙やすり、床、ガラスなどをこすったり、衝撃を与えないでください。


梅時計メンテナンスケースとストラップ


ケースとストラップの材質は、主にステンレス、セラミック、合金などですが、硬いものにぶつけたり、擦ったりしないように注意してください。ケースやストラップは頻繁に掃除する必要があります汗、海水、ローションなどと接触した場合は間に合うように掃除してください。


プラムウォッチメンテナンスモードムーブメント


通常は外部メンテナンスを行うだけですが、4〜5年ごとに徹底的にメンテナンスを行う必要がありますもちろん、この作業は自分で完遂することはできません。作業環境が汚れている場合は、メンテナンス時間を適切に短縮する必要があります。メンテナンスによって、移動時間は正確に保たれ、耐用年数は伸びます。



前ページ: ロレックスブラックウォーターゴーストウォッチ、店長おすすめ
次ページ: IWCの腕時計、優れた素材、特別なスタイルのデザイン