ホーム >>最新情報 >>複雑な機能の腕時計、JAGER-LECOULTRE
複雑な機能の腕時計、JAGER-LECOULTRE

JAGER-LECOULTREは1958年に古典的なGeophusic®Chronomètre腕時計を発売しました。磁気抵抗、地震防止、精密性と防水性の特性を備えています。後にメーカーが1962年に発売したGeomatonicの時計や、近代のMaster ControlやMaster Copressシリーズの腕時計などが影響を受けています。

そこで、昨年発売されたGeophusic®1958の限定腕時計に続き、第3回アジア高級時計展では、2つの新しいGeophys®地球物理天文台シリーズの腕時計を発表しました。それぞれ大3針の日付のGeophusic®True Second®真秒腕時計と、世界タイムゾーン機能のGeophysic®Universal Time世界時計です。

この2つの腕時計は同じように昔のGeophusic®Chronomdtreの腕時計の外観デザインを続けています。サイズはそれぞれ39.6 mmと41.6 mmに拡大されていますが、当時の35 mmよりも大きいです。また、2つの腕時計の文字盤と針は、初期のモデルモデルと2014年のリメイクモデルとは違っています。既存の剣の形の針を細長いバットン形の針に変更する以外に、文字盤の目盛りもアラビア数字を使っていません。

上記の外形の変化と精進度以外に、秒針の律動をよく見ると、このシリーズの腕時計は初めて「秒読み」のデザインを採用しています。毎秒を隔てて、秒針が1格に進み、True Secondの意味を表しています。実際には19世紀にこの技術を身につけましたが、サイズの小さい機械腕時計を使うには、優れた技術が必要です。そのため、めったにブランドがないので、このデザインは腕時計でしか見られません。



前ページ: 独立腕時計ブランド、HYT
次ページ: 愛の彼Royal Oak腕時計、世界を変える!