ホーム >>最新情報 >>ブライトリング航空の時間計806型腕時計
ブライトリング航空の時間計806型腕時計

ブライトリングは航空の時間計806型腕時計1959の復刻版を作る時、1959年の航空の時計の各細い点に厳格に注意します。オリジナルのミューズのように、複写版の腕時計は全黒の文字盤を採用して、同じ色の小さい文字盤を組み合わせて、そして文字盤の上で大文字の“BREETLING”の字句と翼のロゴを飾って、原版の806型腕時計の1つの標識的な元素を再び演繹します。よく知られているのは、ヨーロッパ市場で発行された腕時計は最初に未署名のAOPAという翼のロゴを使いましたが、アメリカで販売されている腕時計はAOPAというロゴが付いています。

ブライトリングコピー航空の時間計806型腕時計1959複写版はビーズ回転計の輪に合わせて、94個の玉から構成されています。数量は1959年の時計と完全に一致しています。オリジナルの航空時間806型腕時計の生産期間には、水玉の数(ドーナツを囲む小さな目盛り)は、20世紀50年代初頭の125個から1960年の93個まで様々です。これは細かいところかもしれませんが、歴史時計の愛好者にとっては、この細部は非常に重要です。

航空の時間計806型腕時計1959複写版のために設計された40.9ミリの精密鋼のケースは、オリジナルの806型腕時計と同じように、同じように耳の輪郭と表面を持っています。腕時計には黒のレトロなベルトがついています。有名な環状飛行用スライド定規は大弧面のアクリル時計の下にあります。オリジナルのデザインと同じで、どの航空時計の愛好者も親切に感じられます。

実は、この腕時計の唯一の近代化は防水性能が3つの大気圧(30メートル)とSuper-LumiNova®コーティングに増加することにあります。後者は現代夜光の素材ですが、百年霊は色の扱いに特に注意して、できるだけ早期腕時計の夜光の材質を再現できるようにします。手で加工する時は文字盤と表記して、少しレトロな魅力と個性を加えました。



前ページ: カシオG-SHOCK世界時の航空腕時計、紹介!
次ページ: シャネルChanelブランド、J 12シリーズ腕時計を発表