ホーム >>最新情報 >>腕時計を買うと故障します。アフターサービスの知識を紹介します。
腕時計を買うと故障します。アフターサービスの知識を紹介します。

アフターサービス保証書≠無料通行ですか?

ほとんどの時計は保証書が付いていますが、これは表に保険がかかっているというわけではありません。携帯電話のように、保証期間内では、一般的に損傷と外観損傷は保証の対象外となります。他の問題の修理は全部有料で、状況によって価格が違います。時計を買うのは使い捨てではないことを知っています。

良い装着習慣を身につける

生活の中で不適切な装着方法は、ダイヤモンドのアクセサリーや大理石など、表面に傷をつけます。多くの友達が注意しないでポケットに入れて洗濯機に壊されました。時計の鏡が壊れたら、修理費用はとても高いです。また、注意したいのは、時計の鏡にひびが入ると、時間を見ても大丈夫だと思わないでください。微細な亀裂で水や湿気が入ることがあります。

パネライコピー腕時計はどこが一番故障しやすいですか?

ケース、針、目盛、時計の鏡、冠、表の底、バンド、日付、月相、あなたはどの部分を壊したことがありますか?経験から見ると、腕時計の一番壊れやすい部分は時計の鏡と冠で、鏡がぶつかりやすいです。)冠については、理論的に言えば、腕時計の設計上、冠は一番外側にあり、しかも使用頻度が高いです。実際には、多くの着用者が冠の調整時間、カレンダーまたは月相を使用する方法が間違っています。だから、冠は他の位置に比べて変形したり、外れたりしやすいです。



前ページ: アコードのロゴ腕時計、パリの釘紋陶磁器の材質の評価
次ページ: カシオの新しいスマート腕時計、スクリーンアップグレード