ホーム >>最新情報 >>貴金属腕時計の材質、店長紹介!
貴金属腕時計の材質、店長紹介!

多彩な形の時計の造形から千変万化の素材を選び、入神の手工芸から複雑多様な腕時計の機能まで、時計のデザインは豊富な知識と高い技術の精髄を含んでいます。

【和田玉】

和田玉は国内の比較的にハイエンドのブランドを持つ軟玉で、新国标は硬度6.0から6.5までの間の玉の名称を指しています。透閃石の成分は98%以上を占めています。羊脂の白玉は優良品質の白玉を表して、色は脂白色を呈して、少し青、乳黄色などが現れることができて、性質はきめ細かくて潤いがあって、油脂性は良くて、すり裂はより少なくて、少量の石花などがあることができて、不純物は普通の10%以下で、糖色は30%より少ないです。和田玉は我が国に少なくとも3000年余りの長い歴史があります。中華民族文化の宝庫の中の貴重な遺産と芸術の貴重な宝物です。

【青銅】

青銅は人類の歴史上の偉大な発明であり、赤銅と錫、鉛の合金であり、金属の鋳造史上で最も早い合金でもあります。古人は青銅器は極めて堅固であり、銘文は永遠に伝わると考えていました。そのため、銘文は今日の古代史研究の重要な資料となっています。ブロンズは融点が低く、硬度が大きく、塑性が強く、耐摩耗性、耐腐食性、光沢などの特徴を持っています。腕の間の逸品を作るために、材質から色の面まで非常に独特で、しかも太古の時代からの歴史的な趣を感じさせます。青銅の材質と潜水の機能を互いに融合させて、中国初、独創的です。

【黄金】

金は日常生活の中で最も一般的な貴金属の一つと言われています。その材質は柔らかくて靭性が良いので、昔から装飾品、腕時計などに使われています。金の性質が非常に柔軟なため、ケース、ベルトは多く合金の形式で現れて、通常18 Kが多数を占めて、この割合は検証を経たので、つまり黄金の色がいつまでも消えないことを保証して、また硬度を保証して磨耗の痕跡を減らすことができます。古い素材で古い物語を語り、古跡を探して佳品にする。



前ページ: Gucciグッチ、新型G-Timeless 40 mm腕時計
次ページ: コギトスマート腕時計、時計展示会