ホーム >>最新情報 >>本革のベルトの良さ、作りが丁寧で、形が優雅です。
本革のベルトの良さ、作りが丁寧で、形が優雅です。

今は多くの人が革のベルトを身につけている腕時計が好きです。ベルトは優雅でファッション的に見えるだけでなく、田舎風の快適さも感じられます。寒い冬には暖かくて快適です。しかし、皮のバンドのメンテナンスは容易ではないですが、多くのファンの身近な痛みを表しています。ここでは正しいベルトのメンテナンス観念を教えます。

パネライコピー本革のベルトの製作はきめ細かくて、形の優雅な皮質のバンドはずっと多くの時計ファンの歓迎を受けて、全体の美観にとって、適当なベルトを組み合わせてベルトをつける者に見たところ更に気質があることができて、しかし時計のバンドの異臭の発生はところがベルトのコーディネーターの最大の悩みです。時計のバンドに異臭がある時は、歯ブラシに石鹸水をつけて汚れを素早く拭き、濡れた布で拭いてください。石鹸の水が皮膚に浸透しないように、全体の過程は20秒以内に完成したほうがいいです。また、消費者はベルトに皮革油を塗ることができます。皮革油はベルトの保護効果があります。

皮のバンドを長くつけると異臭が発生するほか、「硬化」もよくある症状です。時計のバンドが常に湿っぽい環境にあると、その硬化速度が速くなり、汗による皮質の浸食が起こり、バンドの変形、硬化、さらには破断され、わけがわからず腕時計の紛失や転倒の原因となります。そのため、普段は手入れをしているほか、バンドが硬化した時には曲がらないように、タイミングよくベルトを交換する必要があります。少しのお金を使って美しい外形を交換して、また必要でない損失を免れることができて、一挙両得、何が楽しいですか?自分に適したものを選びながら、それを守ることと手入れすることを学びます。



前ページ: F.P. Journe Ocat スポーツシリーズチタン製腕時計、紹介!
次ページ: クロコダイルの腕時計、優雅さと実力が共存しています。