ホーム >>最新情報 >>腕時計を身につける時、注意すべき点
腕時計を身につける時、注意すべき点

1、腕時計は強磁場環境では使用できません。

一般的な機械式腕時計の磁気防御能力は限られた範囲でしか磁気防御の効果が得られません。もしそれを超えると、腕時計の中の鋼鉄製の部品は磁化されます。フィラメントも影響を受けます。

ある読者は思わず聞きますが、私のは機械時計ではなく、石英時計です。影響がありますか?クオーツ表の鋼製部品は少ないが、強い磁場は回転子の正常な運転にも妨害を与える。したがって、一般的な腕時計は強磁場の環境では使えません。さらに、腕時計を電磁石、スピーカー、発電機、変圧器、大型電気機器に置いてはいけません。 http://www.noobwatch2020.com/noobnews.asp

2、腕時計は激しい揺れと衝撃を恐れます。

腕時計は精密な計時道具で、部品は小さいですが、機械時計は防振器の耐震性能だけで振動を予防するのにも限度があります。防振器の有効範囲を超えて、まず先端の破損をもたらします。また、マシンウォッチの他の部品は、フィラメント、ドリル、ホイールの先など、激しい振動を受けても故障や破損が発生します。クオーツの腕時計にはチップやフィラメントなどの壊れやすい部品がありませんが、大きな衝撃は電子部品の損傷をもたらし、腕時計の使用に影響を与えます。



前ページ: ロレックスEverose金オークテープのヨットナンバー116655腕時計、紹介
次ページ: 機械式腕時計、クオーツ腕時計、寿命比較