ホーム >>最新情報 >>ロレックス腕時計の時間調整、注意事項
ロレックス腕時計の時間調整、注意事項

(1) ロレックスコピー腕時計の曜日カレンダーのジャンプは、制格によって早送りの2種類に分けられます。第一の種類±5分以内にカレンダーのジャンプが完了し、第二の種類は3時間以内にカレンダーのジャンプが完了します。

(2)螺旋式の冠を採用しているロレックスの腕時計にあったら、無理に抜かないでください。まず時計回りに回転してロックの冠を開けてください。時間を調整した後、ロレックスの時計の冠を時計回りに回してロックを入れて、水が入らないようにしてください。

(3)カレンダーを持っているロレックスの表にあって、日付を調整する必要がある場合、先にカレンダーをあなたの必要な日付の前の日に変えてください。その後、時計の針を回して日付を調整してください。その時、針は深夜12時を過ぎると日付が変更されます。直接日付を調整して、日夜の混淆を避けることができます。

(4)ロレックス腕時計のカレンダーは、月曜日、月相の調整は時計時間21:00 PM-3:00 AMの間では絶対に操作しないでください。その間カレンダー機能が作動しています。また、歯車のかみ合いが低い時、頻繁な動作はロレックス腕時計の内部部品を傷つけます。



前ページ: BALL技師シリーズNM 2038 D-LJ-BKGR(黒い文字盤/セピア色の牛ベルト)腕時計
次ページ: 耐見性の腕時計、Tudor NORTH FLAGシリーズ91210 N腕時計