ホーム >>最新情報 >>大きいサイズがちょうどいいNOMOS At Work時計シリーズ
大きいサイズがちょうどいいNOMOS At Work時計シリーズ

すべてのAt Work時計は完璧なプロポーションを備えており、それが時計であれ、人生であれ、着用者の好みを示しています。もちろん、スタイルもあります。これらの時計は、スーパーコピー時計直径39 mmのエレガントなスリムケースを使用しています。これは、フォーマルな袖口だけでなく、快適で快適なオフィススペースや仕事後のプライベートな場面でもエレガントな味わいを引き出します。このシリーズで最も目を引く時計は、新しいシルバーカットスタイルです。シルバーグレーのフェースプレートは、9段階の製造プロセスによって作成され、金メッキとロジウムメッキのブランクフェースプレートは塗装され、その後、繰り返しサンドブラスト処理されます。したがって、究極のスリムさを確保するために時計のケースを正確にトリミングする必要があるだけでなく、文字盤も必要です。


Silvercutスタイルに加えて、At Workシリーズには、白い電気めっきされたシルバーの時計と、NOMOSクラシックカラーのミッドナイトブルーの時計も含まれています。メトロローズゴールドモデルは特別にアップグレードされました。したがって、スタイルのデザインとエレガントなスタイルの点で、この時計はユニークであると言えます。ブランドはメトロ自体のデザインを変えていません。18Kローズゴールドケースのみです。


At Workシリーズの共通点は、近年ノモスが採用している自動巻きムーブメント「DUW 3001」を搭載し、ノモスが10作目となる自作ムーブメントです。このムーブメントの非常に薄い形状と精度により、比較的小さいサイズを維持しながら、優れたパフォーマンスを維持できます。ノモスの手巻き時計は以前から非常に人気があり、DUW 3001ムーブメントと、バウハウススタイルとドイツに由来する美的なデザインにより、ノモスの自動巻き時計もその輝かしい熱い道を歩み始めました。



前ページ: ブルガリの100以上のダイヤモンドの力
次ページ: パネライPAM00616は、通常の炭素繊維とは異なるテクスチャを持っています